違いを把握して自分に合った製品を

違いを把握して自分に合った製品を

違いを把握して自分に合った製品を 赤ちゃん用の体重計ベビースケールは、体重管理や母乳量を把握するのに便利なアイテムです。多くの種類があり、メーカーによって機能に違いがあるので、自分に合った使いやすい製品を選ぶようにしましょう。
ベビースケールを選ぶ際に基準となるのは、最小表示単位の細かさです。未熟児などで細かくはかりたい場合は2g単位のものを、母乳量を正確に知りたい人は5g単位をおすすめします。次の検診までに増やしたい目標があるなど、もう少しざっくりと把握したい人は10g単位のもので十分でしょう。
ベビースケールは赤ちゃんを寝かせた状態で計測できるのが特徴ですが、フラットタイプとベビートレーがついてるタイプがあります。
ベビートレーは取り外し可能なものも多く、赤ちゃんの首がすわってからは取り外して長く使えるのが利点です。また、メーカーによって機能性の高さに違いがあります。風袋引きは、赤ちゃんを包んでいるタオルやおくるみの重さを差し引く機能です。メモリー機能を搭載しているものを選べば、前回の体重を記録できるので、授乳前後の体重を簡単に比べることができます。

ベビースケールを購入するには比較して選ぶのがおすすめ

ベビースケールを購入するには比較して選ぶのがおすすめ 赤ちゃんの体重を計測するのに便利なベビースケールには様々なメーカーが販売している物があり、どれを選んだら良いのかと迷う人も多いでしょう。授乳をした時に生後1か月から4か月ごろの赤ちゃんがどのくらいの量を飲んだか知りたいときでも、具体的な量が分かりやすいので持っていると確認できるので、専用の物を用意しておくと便利ですがそのためにはどのぐらいの単位で計測をすることができるかに注目するのがおすすめです。
細かく知りたい場合には1グラム単位で分かるものを選ぶとよいですが、5グラム単位でも構いません。それぞれの製品により1グラムや5グラムなど単位が違うので比較して選びますが、50グラム以下のものがおすすめです。誤差の範囲が少ないほうが正確に分かるというメリットがあるため、できれば誤差は10パーセント以内の物がよいでしょう。またベビースケールはそれぞれによって計測できる重さには違いがあるので、最小と最大の重さも注目して比較して選ぶのがお勧めです。