ベビースケールとは体重計のこと

ベビースケールとは体重計のこと

ベビースケールとは体重計のこと 赤ちゃんが生まれるとベビースケールという言葉を耳にすることがあると思います。ベビースケールとは赤ちゃん専用の体重計です。まだ立ったり座ったりすることのできない赤ちゃんでも、生まれてすぐの頃から寝かせて測ることができるようになっています。
もうひとつ大きな特徴があります。それはグラム単位の細かい数値まで測れるということです。生まれたばかりの新生児の体重は約3000gであり、その後ミルクや母乳の哺乳量によって体重が変化していきます。病院・産院から自宅へ退院後、新生児の体重は1ヶ月で約1000g増加するのが理想です。平均すると1日に約30gの増加となります。これはとても細かい変化です。そのため大人が使用している通常の体重計では、正確な数値まで測ることができません。そこでベビースケールを用いるのです。ベビースケールによって正確な体重を確認することで、新生児の日々の体重の変化にすぐに気付くことができます。

医療用ベビースケールとはどのようなものか

医療用ベビースケールとはどのようなものか 医療用ベビースケールは医療機関での赤ちゃんの体重証明のために作られた精密機械です。デジタルのものがほとんどで、「業務用デジタルベビースケール」などとして一般にも購入することが出来ます。赤ちゃんの哺乳量など細かい測定が必要となるため、一般の体重計よりも高性能で、最小表示は2gから5gほどになっていることが多く、測定可能範囲は10㎏?15㎏前後です。体重計の上に赤ちゃんを乗せる乳児皿がついており、皿は取り外して洗えるため衛生的です。
また、転落防止カバーがついているため、安全に測定することが出来ます。高精度なものは販売価格も高額になり、1台あたり10万円を超える製品もあります。小さめで出産となった赤ちゃんの成長過程や、赤ちゃんの哺乳量などを測定するために、自宅で使用したい場合は、最小表示の小さく、高性能なものを希望する方も多いでしょう。その場合購入を検討するにはとても高額になるため、レンタルでの使用が多くなっています。