ベビースケールは赤ちゃんの授乳量を把握したい時に役立ちます

ベビースケールとは0歳の赤ん坊でもきちんと体重を測ることが出来る体重計のことを指します。
母乳育児だと母乳がしっかりと出ているのか、赤ん坊は飲めているのか不安に思う人も多いと言えます。
ですがこの体重計を使用すれば母乳を飲む前後の体重を比較して飲んだ量を知ることが出来ます。
そんな赤ん坊専用の体重計はレンタルと購入のどちらがいい?、導入前に各種商品を比較、使うメリット、使う場面、中古の価格について紹介していきます。

ベビースケールはレンタルと購入のどちらがいい?

ベビースケールはレンタルと購入のどちらがいい? ベビースケールはベビー用品の中でも特に使用期間が短いのが特徴です。
基本的に母乳育児が軌道に乗ればOKですし、1ヶ月健診で標準体重なら大丈夫と1ヶ月しか使用しない人も少なくありません。
商品によっては5歳まで使用できるモノもありますが、ある程度体重が増えれば普通の体重計で問題はないので、ベビースケールが本当に必要な期間はあまりないのが現状です。
だから購入するのではなく、レンタルする人が多いということが出来ます。
ちなみに借りる場合は月に2,000円くらいが相場で、購入すると4,000円から5,000円程かかるので1、2ヵ月ならレンタルの方がお得と言えます。
あとレンタルなら返却すればいいので処分にも困りません。

一時期しか使わないベビースケールはレンタルかフリマがオススメ

一時期しか使わないベビースケールはレンタルかフリマがオススメ ベビースケールとは、赤ちゃんの体重計です。
大人の体重計は48.5kgなど、100g単位のものがほとんどです。
対して、赤ちゃんの体重は3254gなど1グラム単位で計る必要があります。
大人は50g程度太ろうが痩せようが大した変化はありませんが、赤ちゃんの小さな体では少しの増減が大きな影響を及ぼすことがあるからです。
体重管理の他にもベビースケールを使う機会があります。
それは赤ちゃんが母乳をどれくらい飲んだか調べるためです。
ミルクであれば100ml作って20ml残したから80ml飲んだのだとすぐにわかりますが、母乳はどれだけ出ているのかお母さんにはわかりません。
特に最初の頃は母乳の量も安定しないので、ミルクを足す際にもどれだけ足せばいいのかがわかりません。
この時ベビースケールを使って授乳の前後に赤ちゃんの体重を計れば、赤ちゃんがどれだけの量を飲んだのかが引き算で分かります。
とはいえ、数グラム単位の体重管理や母乳の量を知る必要があるのは最初の数カ月だけです。
病院はもちろん支援センターなどにもベビースケールはありますから、買わずに済ませるお母さんも多いでしょう。
しかし体重の増えが少ないと何度も病院や支援センターに足を運ぶ羽目になり、子供を産んだばかりで忙しいお母さんには負担になってしまいます。
その負担を軽減するために自宅にベビースケールを持つのも一つの選択肢だと思います。
とはいえ、一時期しか使わないものですから、レンタルやフリマなどを利用して賢く費用を抑えてみてはいかがでしょうか。

レンタルベビースケール情報をお探しなら

ベビースケール レンタル

新着情報

◎2020/4/14

違いを把握して自分に合った製品を
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

ベビースケールとは体重計のこと
の情報を更新しました。

◎2019/12/20

母乳の量が気になる時
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

中古ベビースケールの価格
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

ベビースケールを使う場面
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ベビー スケール」
に関連するツイート
Twitter

コロナだからかどこもベビースケール撤去されてる〜保健センターで月2測れる日あるけど行くのめんどくさいから買い物ついでに測りたい それくらい行けよってな🥹

返信先:すごい😳✨ そしてベビースケールって10キロまでしか測れないんですね😮

産後初めてスーパーに行って「よし!ベビースケールで母乳がどれくらい出ているか量ろう!」と思って授乳室に行って体重を量り忘れて授乳して出てきました😂

懐かしいベビースケール

返信先:ベビースケールを用意しなかったので、体重増えてるか分からず、体重知りたさに通ってる感じですね◎あとは単純に息子やら家族とは別の人と話をしたい的な感じですね!友達とかだと気ー張っちゃうけど、見ず知らずの自治体の人らだとボロボロのまま行けるので笑